ついに言われてしまった・・・

高校2年生の我娘。
中学に入学したあたりから扱いが難しくなり、これが思春期か・・・
と、どんな難癖をつけられてもガマンしてきた。

でもついに昨日、言われてしまった。
禁断のあの言葉・・・

「くそばばあ!!!」

ガーン・・・・・・!!!

いつか言われるのか、でも女の子だしさすがに言わないか・・・
と恐れていた言葉。

ついに私の「くそばばあ」になってしまった(涙)

確かにもうババアよ。
だって高校生の娘の母親だもの。

でも実際に言われるとショックなものだ。

私は自分の母親に向かって「くそばばあ」なんて言ったことあったっけ!?
言葉使いにうるさかった母なので、言ったら100倍返しされただろうな(笑)
でも思春期というか、反抗期は長かったな。
小4から高校卒業くらいまでか。
大学入学を機に一人暮らしを始めて、初めて母のありがたさを実感したんだっけ。

でも今日気付いたことがある。
暴言を吐いてしまった娘本人は、私以上に傷つき後悔しているようだ。
17年も育ている娘。
だいたいの気持ちは分かるし感じる。

母親を傷付け悲しませてしまうことは、自分のこと以上につらく苦しいものなのだ。
だから私はいつもどおりに振舞う。

さきほど、娘からラインのメッセージがきた。

「昨日はごめんなさい」

「いいよ、仲直りね!」

もうすうぐ思春期も終わるのかな・・・!